【簡単に画像に手書き文字を入れたい方必見】画像に手書き文字を入れる方法

こんばんは。
まっつです。

今日はタイトルの通り
自分のお気に入りの写真に文字を入れる方法について書かせていただきます。

この記事を書くきっかけになったのは、
7/1~7/30まで開催していたWeb写真展です。

この写真展では、出展者の皆さんに

文字入れの方法をシェアし、
出展する写真に文字入れをお願いしました。
そうしたところ、参加者の方から、

それがきっかけで文字入れの魅力を知った

というメッセージをいただきました。

また、写真展を見た方からも

自分も写真に文字入れをしてみたい

という声をいただきました。

もちろん、やることは単純で
自分の写真に文字を入れるだけ。

ですが、実際は

  • 文字入れのやり方がわからない
  • スマホやタブレットで文字をうまく書けない
  • 字が汚い
  • 何のアプリを使えばいいかわからない

と悩み、なかなかトライできないでいる

人もいるかと思うので
そういった方の悩みを解決できればと思い
書かせていただきました。

文字入れ写真の魅力

私の主観になりますが、
文字入れ写真の魅力は

次の3つだと思っています。

文字入れ写真の魅力
  • 言葉を視覚化することで、より想いや情景を伝えることができる
  • 写真の余白に文字を入れることにより、写真が更に素敵になる
  • 自分で文字を入れたり、友人に文字を入れてもらうことで、その写真に対する愛着が増す

言葉を視覚化することで、より想いや情景を伝えることができる

写真とは、本来その情景や風景を見ることで
想いや言葉を想像するものですが、

そこに文字を入れ言葉を視覚化することで
より自分が狙っている方向を見る人に示すことができると思います。

写真の余白に文字を入れることにより写真がより素敵になる

写真において余白は
非常に大切かつ重要な要素ですが、
そこに文字を入れることで、
更に素敵になることがあります。

余白は余白だから美しいのであって、余計なものを入れたら余白にならない。

ごちゃごちゃしてしまう。

という考え方もあるので
そこは自分の心と相談してみたり、
実際に文字入れをする前とした後を比べて、
いいなと思った方を
採用すればいいと思います。

自分で文字を入れたり、友人に文字を入れてもらうことで、その写真に対する愛着が増す

これは私の経験なのですが、
文字入れ写真は特に愛着がわきます。
また、友人にお願いして
文字入れしてもらうと、

その写真は自分、モデルさん、文字入れしてくれた友人と多くの人が関わってできた作品になるため、その繋がりに感謝し、写真が更に尊くなります。

 

素敵な文字入れ写真を投稿している人に聞いてみた

実際に魅力を文字で語っても
伝わりにくいと思うので、
文字入れ写真をよくSNSで投稿している
凄腕の方々の写真と
その方々に聞いてみた

  • よく使う媒体
  • 使用アプリ
  • 文字入れ方法

 

を書いていきます。

 

※名前をタップするとそれぞれの
Instagramページに飛べます。
ここに掲載している写真以外の素敵な写真も
覗いてみてください。

おしげさんの場合

よく使う媒体は?

スマホ(iphone)

使用アプリは?

lbisPaint

文字入れ方法は?

lbisPaintを使用し指で画面に書く

こころさんの場合

よく使う媒体は?

iPad

使用アプリは?

PicsArt、lbisPaint

文字入れ方法は?

純正タッチペン、手書きで書いてアプリでスキャン

かほさんの場合

よく使う媒体は?

スマホ(iphone)、紙

使用アプリは?

lbisPaintX

文字入れ方法は?

紙に書いた文字をアプリでスキャン

紙に書いた文字を写真に入れる

写真を見て私と同じようにこう思う方がいるかもしれません。

これはもはや才能じゃないか。。
液晶に文字うまく書けないんだよね。。。

そんな方にお勧めの方法をここでは紹介します。

それは先ほど紹介させていただいた方々の中にもこの方法を使っている人もいましたが、”紙に書いた文字をスキャンして文字入れする方法”になります。

これなら液晶に書くのが苦手な人はもちろん、
書道が得意な人はめちゃくちゃカッコイイ
文字入れができるはずです。

準備するもの
  • 白い紙
  • 黒いペン(ペン先が細すぎないこと)
  • 文字入れしたい写真
  • スキャン用スマホアプリ(camscannerなどiphoneならメモ機能でも可)
  • Lightrommなどのレタッチアプリ(文字を白にしたい場合)
  • 多重露光アプリ「Enlight Photofox」

※書道でチャレンジする人は
白い紙→半紙
黒いペン→筆と墨
に読み替えてください。

①紙にペンで文字を書く

白い紙に自分で文字を書きます。

この時、文字が細すぎると、文字入れの際の文字があまりに細くなりすぎるので、ペン先があまり細くないペン(サインペンなど)を使用して書くことをお勧めします。

②スキャンアプリ等で紙を画像として読み込む

普通にカメラで撮ってもいいのですが、
カメラだと、撮影時の影なども
反映されてしまうことも多いので
お勧めはcamscanerなどのスキャンアプリで
一回PDFにすることです。

iphoneならメモの中にある
スキャン機能でも大丈夫です。

そうするとグレー部分がなくなり、
ある程度はっきりした白黒画像になります。

③②のPDFをスクショしJPEGにする

PDFだとアプリで読み込めないので、
PDF画面をスクショしJPEGにします。

多少無理矢理感が否めませんが、
これが一番簡単で早いです。

④白文字にしたい人は画像をLightrommで編集

文字入れを白文字でしたい場合は、
ここで白黒の反転をする必要があります。

ここではLightroom(無料アプリ)
を使った方法を紹介しますが、
Lightromm以外でも白黒反転できるアプリならなんでもOKです。

反転方法は簡単。
トーンカーブを真逆にするだけです。
このトーンカーブを

こうするだけ。

これで文字データは完成です。

⑤完成した文字データを使用し文字入れ

ここからは文字データをアプリを使用し写真に入れていく方法になります。

⑥スマホアプリ「Enlight Photofox」をインストール

iPhoneの方はAppstoreから、
Androidの方はGoogle Play Storeから
「Photofox」と検索しアプリをダウンロードします。

追記
現在、AndroidではPhotofoxがプレイストアにないようです。Androidでしたら、”Pixomatic”というアプリなどで文字入れ可能とのことでしたので、そちらでお試しください。

⑦アプリを起動し文字入れしたい写真を選択する

アプリを起動すると
有料版を促す表示がでてきますが、
無料版で加工可能なので
無視して次に進みます。

自分の作品に「+」マークがでているので、
タップし文字入れしたい写真を選択します。

⑧写真に「ブレンド」機能を使用し文字データを重ねる

下の欄にある「ブレンド」をタップします。

そうすると説明がでてくるので、指示に従い、
右上の「+」をタップし「イメージ」を選択し
先ほど作成しスクショした文字データを選択します。

⑨文字データを馴染ませ完成!

もう一度下の「ブレンド」ボタンをタップすると
先ほど追加した文字データの
イメージレイヤー編集画面が出てくるので、
文字が馴染むレイヤーモードを選びます。

黒文字なら「暗く」や「焼きこみ」
白文字なら「明るく」や「スクリーン」
が馴染みやすいです。

これで完成になります!

最後に

以上が写真に文字入れをする方法です。
文字入れに興味があるという人は是非、

これを機に試してみてはいかがでしょうか。
最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

質問やこんな記事書いて欲しい等の要望ありましたら、気軽に私のInstagramアカウントにDMしてください。


ABOUTこの記事をかいた人

matt2_14

東北中心に写真を撮っています。写真やカメラが好きで、それらを通じてより多くの人と繋がれたり、これからカメラを学びたい人の役に立てればいいなぁなんて思っています。