【これからカメラを始めたいと思っている人に知って欲しい】簡単ステップで学ぶ!最初のカメラ選び(Step1)


まっつ
こんにちは。まっつです。

今回は、これからカメラを始めてみたいという方に向けて
「簡単ステップで学ぶ!最初のカメラ選び」と題した記事を複数回に分けて書いていこうと思います。

この記事を読んでわかること
  • カメラ初心者に最適なカメラの種類
  • 初心者が押さえておくべきカメラの機能
  • 自分に合ったカメラの選び方





カメラ初心者に最適なカメラの種類とは?

カメラを初めて購入する際、どの種類のカメラを選べば良いのか悩む方は多いでしょう。カメラには様々な種類があり、それぞれの特徴を理解することで、自分に最適なカメラを見つけることができます。ここでは、基本的なカメラの種類とそれぞれの特徴について詳しく説明します。

ここで紹介するのは以下の3種類です。

  • コンパクトカメラ
  • 一眼レフカメラ
  • ミラーレスカメラ

コンパクトカメラ

コンパクトカメラは、その名の通り、小型で持ち運びが簡単なカメラです。初心者でも扱いやすく、オートモードで簡単に綺麗な写真を撮ることができます。特に、旅行や日常のスナップ写真に最適です。コンパクトカメラの利点は、操作がシンプルであり、特に初心者に優しい設計が多いことです。

しかし、コンパクトカメラにはレンズ交換ができないという制約があります。特定の撮影シーンやスタイルに対応するための柔軟性が制限されることがあります。それでも、日常の撮影には十分であり、カメラを始める第一歩としては最適な選択肢です。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、レンズ交換が可能で、プロのような写真を撮ることができるカメラです。光学ファインダーを通して撮影するため、被写体をクリアに捉えることができます。初心者にとっては少しハードルが高いかもしれませんが、カメラの基礎を学びたい方には最適です。

一眼レフカメラの利点は、その多様性とカスタマイズ性です。レンズ交換が可能なため、撮影シーンやスタイルに応じて最適なレンズを選ぶことができます。また、堅牢な作りと優れたバッテリーライフも特徴です。しかし、その大きさと重量がデメリットになることがあります。

ミラーレスカメラ

ミラーレスカメラは、一眼レフカメラと同様にレンズ交換が可能ですが、光学ファインダーを持たず、電子ビューファインダーを使用します。そのため、より軽量でコンパクトなデザインが特徴です。初心者でも扱いやすく、高度な撮影が可能です。

ミラーレスカメラの利点は、軽量性と携帯性です。また、電子ビューファインダーを使用することで、撮影前に画面上で露出やホワイトバランスの調整結果を確認できるため、初心者にとって非常に直感的な操作が可能です。ただし、バッテリーライフが比較的短いことがデメリットです。


まっつ
ちなみに私自身も、今はNikonのミラーレスカメラを使用しています。
これまでの使用遍歴は
コンパクトカメラ→一眼レフカメラ→ミラーレスカメラ
といった感じです。

カメラの種類と特徴の比較

カメラの種類特徴利点デメリット
コンパクトカメラ小型で持ち運びが簡単操作がシンプル、初心者向けレンズ交換不可、柔軟性に欠ける
一眼レフカメラレンズ交換可能、光学ファインダー使用多様性、高画質、バッテリーライフが長い大きくて重い、操作が複雑
ミラーレスカメラレンズ交換可能、電子ビューファインダー使用軽量、携帯性が高い、直感的な操作バッテリーライフが短い、高価なモデルが多い

初心者が押さえておくべきカメラの機能

カメラを選ぶ際には、重要な機能を理解しておくことが大切です。ここでは、初心者が特に押さえておくべきカメラの機能について詳しく説明します。

特にも押さえておくべきポイントは以下の6点です。

  • 画素数
  • ズーム
  • ISO感度
  • 手ぶれ補正
  • オートフォーカス
  • 連写機能

画素数

画素数は、写真の解像度に直接影響します。一般的に、画素数が多いほど高解像度の写真が撮れますが、SNS等のアップが主な用途であれば2000万画素あれば十分です。重要なのは、センサーのサイズやレンズの質など、他の要素とのバランスです。

ズーム

ズーム機能には、光学ズームとデジタルズームがあります。光学ズームはレンズの動きでズームするため画質が劣化しませんが、デジタルズームは画像を拡大するため画質が劣化します。個人的には光学ズームを重視することをおすすめします。

ISO感度

ISO感度は、カメラがどれだけ光を捉えるかを示す値です。ISO感度が高いほど、暗い場所でも明るく撮影できますが、感度が高すぎるとノイズが増えるため、バランスが重要です。最初のうちは、オートISO設定が便利です。

手ぶれ補正

手ぶれ補正機能は、手持ち撮影時の手ぶれを軽減する機能です。特に夜景や室内での撮影時に役立ちます。手ぶれ補正が搭載されたカメラを選ぶと良いでしょう。

オートフォーカス

オートフォーカスは、カメラが自動的に被写体にピントを合わせる機能です。またとない瞬間を逃さないためには、迅速かつ正確なオートフォーカス機能が非常に重要です。最新のカメラでは、顔認識や瞳AF(オートフォーカス)機能が搭載されているモデルもあります。

連写機能

連写機能は、短時間に連続して複数の写真を撮影する機能です。スポーツや動物など、動きの速い被写体を撮影する際に役立ちます。個人的には、秒間5コマ以上の連写速度を持つカメラがおすすめです。

カメラの重要な機能まとめ

機能説明初心者へのアドバイス
画素数写真の解像度を決める2000万画素程度で十分
ズーム被写体を拡大する機能光学ズームを重視
ISO感度光の捉えやすさを示す値オートISO設定が便利
手ぶれ補正手ぶれを軽減する機能夜景や室内撮影に役立つ
オートフォーカス自動でピントを合わせる機能迅速かつ正確なピント合わせ
連写機能連続で複数の写真を撮影する機能動きの速い被写体に対応

自分に合ったカメラの選び方

カメラを選ぶ際には、撮影したいシーンや目的に応じて最適なカメラを選ぶことが重要です。ここでは、具体的なシーンや目的に応じたカメラの選び方を提案します。

趣味撮影

趣味で写真を楽しみたい場合、軽量で携帯性の高いミラーレスカメラがおすすめです。特に風景やポートレート撮影に適しており、初心者でも扱いやすいモデルが多く揃っています。

代表的なおすすめモデル: Sony α6400, Fujifilm X-T200

旅行

旅行先での撮影には、軽量で手軽に持ち運べるコンパクトカメラが最適です。オートモードが充実しているため、風景やスナップ写真を簡単に撮影できます。特に、ズーム機能が優れたモデルを選ぶと、遠くの被写体も綺麗に撮影できます。

代表的なおすすめモデル: Canon PowerShot G7 X Mark III, Sony RX100 VII

家族写真

家族写真を撮影する場合、高解像度で動きのある被写体にも対応できる一眼レフカメラがおすすめです。特に、子供やペットの動きを捉えるための高速連写機能やオートフォーカス機能が重要です。

代表的なおすすめモデル: Nikon D5600, Canon EOS Rebel T7i

アクション撮影

スポーツやアクションシーンを撮影したい場合には、アクションカメラが最適です。小型で防水・防塵性能があり、過酷な環境でも使用できるため、アウトドアやスポーツ撮影に最適です。

代表的なおすすめモデル: GoPro HERO9 Black, DJI Osmo Action

夜景撮影

夜景や星空を撮影したい場合には、高感度センサーを搭載したカメラがおすすめです。特にフルサイズセンサーを搭載したカメラは、暗所でもノイズが少なく、クリアな写真を撮影できます。

代表的なおすすめモデル: Sony α7 III, Canon EOS R

用途別おすすめカメラの比較

用途おすすめカメラ理由
趣味撮影ミラーレスカメラ
Sony α6400, Fujifilm X-T200
軽量、レンズ交換可能、風景・ポートレートに最適
旅行コンパクトカメラ
Canon PowerShot G7 X Mark III, Sony RX100 VII
軽量、手軽、オートモードで美しい写真
家族写真一眼レフカメラ
Nikon D5600, Canon EOS Rebel T7i
高解像度、動きのある被写体に対応
アクション撮影アクションカメラ
GoPro HERO9 Black, DJI Osmo Action
小型、防水・防塵、過酷な環境に強い
夜景撮影フルサイズセンサー搭載カメラ
Sony α7 III, Canon EOS R
高感度、ノイズが少ない、クリアな写真

このように、自分の撮影スタイルや目的に応じて最適なカメラを選ぶことが大切です。最初のうちは簡単に扱えるカメラを選び、カメラの楽しさを存分に味わいましょう。どのカメラを選ぶにしても、自分のニーズや予算に合わせて最適なモデルを選ぶことがポイントです。また、カメラを購入する際には、実際に店舗で手に取って操作感を確認することもおすすめします。これにより、自分にとって使いやすいカメラを見つけることができます。

最後に



まっつ
以上が本日の内容になります。

個人的には最初のカメラ選びはとても大切だと思っています。
ポケモンのゲームで最初に3匹の中からどのポケモンを選ぶかくらい!!笑

ただし、難しく考えすぎたり、悩みすぎるとなかなか購入を踏み切れず、結果的にカメラを始めるのが遅くなってしまいます。
四季が移ろう日本ではこれは大きな機会損失です。

どうしても困った際は、カメラをやっている友人や店員さんにも聞いてみるといいかなと思います。


まっつ
それでは本日の記事は以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました。
感想、質問や「こんな記事も書いて欲しい」等の要望大歓迎です。
今日の内容をうけて、どんなカメラを買ったらいいかなんて相談も大歓迎です。

そのような場合はInstagramのアカウントにDMしていただければと思います。